【auひかり・フレッツ光】結局当サイトでオススメしているネット回線はこの2つ!

主婦ひかり
うーん、結局どの回線を選んだら良いか分からないなぁ。どれが良いのか教えてもらえますか?
はい、わかりました!今回はおススメのインターネット回線を2つご紹介しますね。

 

近ごろのインターネット回線はどんどんプランが複雑になっていて、数ヶ月ごとに各社がいろいろなキャンペーンを行うので、結局どれが良いのかわからなくなりますよね。

今回はインターネット回線の比較をしながら、当サイトがおすすめする2つの回線をご紹介します!

まずは結論!当サイトのおすすめ回線はこの2つ!

フレッツ光や、フレッツの回線を利用した各社の光コラボレーション、その他WIMAXなどの回線と、回線の種類ごとにメリット・デメリットがあります。

それを踏まえて、当サイトで最終的にオススメするネット回線は以下の2つになります!

auひかり

 

auひかり

NTTフレッツ光

 

フレッツ光

主婦ひかり
あれ?もう結論を言っちゃっておわり?
ここからは、どうしてこの2つがオススメなのかをしっかり説明していきますよ。

知っておきたいネット回線の基本の2種類

オススメのネット回線の理由を説明する前に、まずは基本的な回線選びについて知っておきましょう。

複雑で面倒な回線選びも、基本がちゃんとわかっていれば全体像が見えてきます。

インターネット回線の種類は大きく分けて以下の2種類あります。

  1. 部屋に配線を引く固定回線
  2. 外にも持ち運びできるモバイル回線
主婦ひかり
「固定回線」と「モバイル回線」ね。
主婦ひかり
部屋がいっぱいある大豪邸に住んでいる人とかは、自宅でもモバイル回線使ったりするのかなぁ。

 

固定回線とモバイル回線

まずはモバイル回線から、詳しく説明していきますね。

 

1.モバイル回線

 

モバイル回線は、自宅内でも外出先でも持ち運んでネットができる小型の無線通信機器を使ったインターネット回線です。

これまで無線通信(ワイヤレス)は有線通信(ワイヤ)に比べて通信速度が遅く、インターネット利用には不向きと言われていました。

現在では技術も進み、固定回線の速度までは出ないものの、十分にモバイル回線も速くなってきています。

代表的なモバイル回線(WiMAX)

モバイル回線で代表的なのは、シェアNo.1のモバイルインターネット回線の「WiMAX」「WiMAX2+」です。

WiMAX以外にはsoftbank Air、ポケットWi-Fi、格安スマホのテザリングなどのモバイル回線があります。

主婦ひかり
自宅でも外でも使えて速いんだったら、もうモバイル回線で決まりじゃない?
モバイル回線は利用シーンが増えるというメリットもありますが、デメリットも多いんです。

 

モバイル回線のデメリット

速度が速くなってきたモバイル回線と言えど、以下のようなデメリットはまだ解消されていません。

  • 都市部エリアを中心としていて、対応していないエリアがまだ多い
  • 鉄筋コンクリートなどの障害物でネットが繋がらなくなる場合がある
  • 時間帯による速度制限などがある
  • サブ目的としてひとりで使うには良いが、メインの回線としては不安
  • 光回線並みの速度は出ない
こういった気になる点もあるので、最終的にはこのサイトでモバイル回線をオススメしていません。
主婦ひかり
そうなんだ。私は持ち運びしないからモバイル回線じゃなくて良いかもね。
外出のときだけ使う・サブ回線として使うという人であれば、モバイル回線は十分活用できますよ。

2.固定インターネット回線(光回線)

自宅に配線を引く固定回線は、大きく分けて3種類あります。

  1. ADSL
  2. ダークファイバー
  3. 光回線
主婦ひかり
3種類もあるの?ワケわかんない…
3複雑に感じる回線の種類や、よく分からない接続形式はNTTの仕組みが主な原因です。
主婦ひかり
ついて行けなさそう…
大丈夫ですよ!ひとつずつ説明していきますね。

固定回線その1【ADSL】=電話回線を使ったインターネット(廃止)

 

ADSLは電話回線を利用して高速な接続ができる、かつては主流のインターネット回線でした。

しかし現在ではADSLなどの電話回線を利用した接続の新規受付は既に終了しているので、現在ではADSL回線をこれから引くことはできません。

さらにADSLのサービス提供自体も、2023年1月31日(火)をもって廃止することが決まっています。

主婦ひかり
じゃあ、ここから先はADSLのことは考えなくて良いのね
そのとおりです。

固定回線その2【ダークファイバー】

主婦ひかり
ダーク?なんだか怪しそう…

 

NTT回線を通している光ファイバーの使われていない部分を使って回線サービスを提供しているのがダークファイバーです。

光ファイバーの中でも活用されていない部分の光回線インフラは、光が通っていません。

「光が届かない⇒ダーク」というところから、ダークファイバーと呼ばれています。

主婦ひかり
おー、使ってない部分だから「ダーク」なのね。

代表的なダークファイバーサービス(NURO光)

代表的なダークファイバーサービスはNURO光です。

低コストで世界最速レベルの高速通信が可能ということで、かつては一番オススメのネット回線でした。ですが、サービス提供開始後5年以上たっても使えるエリアがなかなか広がってきません。

東北地方や四国地方などはまだ全くサービス対象地域に含まれておらず、全国的な普及がされていないのが難点です。

提供地域がもっと広がれば、日本全国で超高速通信ができるんですけどね。

 

NURO光提供エリア

さらにNURO光はワンコインで3ヶ月試せるなどのキャンペーンもよく出していますが、実際にはキャンペーン期間内の解約でも回線撤去費用が10,000円かかってしまいます。

契約内容に注意しないと余計な費用がかかってしまう点も注意が必要です。

主婦ひかり
えー!ぜんぜん無料じゃないじゃん!
契約前には、解約時の費用もしっかり見ておくことが大切ですよ。

固定回線その3【光回線】=光ファイバー配線を使った高速回線

光回線が通っていない古いマンションやアパート以外では、インターネット回線はほぼ光回線に置き換わってきています。

固定回線の3種類の中では、結局のところこの光回線が一択になりますね。
主婦ひかり
だったらそれだけ説明してくれれば話は早いのに…。
……。

光回線1■NTT回線のフレッツ光

フレッツ光はインターネット・電話の国内シェアNo.1のNTTのフレッツが提供する光回線です。

2019年3月末時点で加入者数は2,107万回線を突破し、光回線ユーザーのおよそ7割がフレッツ光を利用しています。

通信品質やサポートなどのサービスも、顧客満足度No.1との結果が出ています。

主婦ひかり
わからなことがあったときのために、サポートが充実してるってのはありがたいわね。

 

NTTフレッツ光

フレッツ光は、NTT東日本とNTT西日本でプランや料金が変わります。

キャッシュバックキャンペーンなどのお得情報について言えば、現在ではNTT東日本とNTT西日本のどちらもフレッツ光の公式キャッシュバックキャンペーンは提供されていません。

2015年までは公式キャンペーンが存在していましたが、以下でご説明する光コラボレーションの販売開始により廃止されました。

主婦ひかり
えー、残念!安く申し込める方法はないの?
フレッツ光の申し込みでキャッシュバックが欲しい場合には、公式ではなく販売代理店を経由して申し込むのが良いですよ。

 

光回線2■NTT回線のセット販売の光コラボレーション

NTTの公式キャッシュバックキャンペーンが廃止される理由のひとつになったのが、2015年から販売開始された光コラボレーションです。

光コラボレーションとは、NTTが大手通信会社と提携して始めた新しい販売形態です。

主婦ひかり
光コラボレーションって何?

 

光コラボレーションとは、NTTからフレッツ光を仕入れたセット販売のことです。

フレッツ光の光回線をソフトバンク、ドコモ、SO‐NET、BIGLOBE、OCN、exciteなどの大手通信会社と組んでコラボ販売しています。

通信会社はフレッツ光の光回線にプラスして、自社のプロバイダーサービス、携帯料金割引サービス、動画サービスなどを組み合わせてセット販売をしているというわけです。

NTTと通信会社のコラボだから、光コラボレーションという名前がついています。

 

光コラボレーションは各社がこぞって販売を開始しましたが、それぞれの通信会社がいろいろなセットプランを販売するので、一般消費者が混乱する元にもなりました。

一括で比較することができないため、申し込みしたくても「どの光回線を選べばお得なのかわからない…」と迷ってしまいます。

主婦ひかり
なるほどー、確かにいろいろ見なきゃいけないのはメンドくさいですもんね。

また契約後に回線トラブルが起こったとき、NTTと通信会社のどちらに問い合わせれば良いのかわからず困っている人もいます。

主婦ひかり
そういうときは結局どちらに問い合わせるの?
光コラボレーションの契約者でしたら、通信会社に問い合わせるのが正解ですよ。

光コラボレーション

 

光回線3■KDDIの独自回線を販売するauひかり

携帯・スマホをauにしている人は、同じKDDIが提供している光回線の「auひかり」にするとセット割引のメリットが受けられます。

主婦ひかり
携帯がauじゃない人はどうなの?
auユーザー以外でも、auひかり回線のメリットはありますよ。

 

KDDI回線はフレッツ光ほど加入者がいないため、大勢の人が集中するフレッツ光回線のように大混雑が起きる可能性が低いです。そのため、回線速度が遅くなりにくいと言われています。

月額料金が安いのも魅力です。auひかりの月額料金はプロバイダ込みでマンションタイプ月額3800円~と、光回線の中では最安値のグループです。

主婦ひかり
安くインターネットができるのは嬉しいわね。
さらにauひかりの場合は、キャッシュバックキャンペーンが付くことが多いのも魅力ですね。

 

先ほど説明したとおり、NTT公式サイトでの申し込みや光コラボによる申し込みでは、キャッシュバックをもらうことができません。

しかしKDDIは自社回線を自社で販売しているので、ユーザーにお得なキャッシュバックキャンペーンを打つことができます。

シェア1位のNTTフレッツ光から顧客を奪うためにキャンペーンにも力を入れていますから、タイミングが合えばキャッシュバックも高額になる可能性があります。

主婦ひかり
期待しちゃうわぁ~!
お得なキャンペーンを探すときは、春の引っ越しシーズンや季節の変わり目を狙うと見つけやすいですよ。

 

ネット回線の種類と速度の比較表

これまでの話を図でまとめると、このような形になります。

 

(スマホの場合、表を横スクロールできます。)

↓ ↓ ↓

WIMAX フレッツ光 光コラボ auひかり NURO光
最大速度 上り
75Mbps下り 440Mbps
上り
0.1~1Gbps下り
0.2~1Gbps
上り
1Gbps下り
1Gbps
上り
1Gbps下り
1Gbps
上り
1Gbps下り
2Gbps
回線種類 モバイル 電話回線・光回線 光回線 光回線 ダークファイバー
月額料金 2,726円‎~ 4,300円~ 3,360円~ 3800円~ 4743円~
回線提供 WiMAX回線  NTT回線  NTT回線  KDDI回線  NTT回線など
提供エリア 日本全国 日本全国 日本全国 東海地方以外全国 関東・関西・東海・北海道

注目ポイント

上の表では、特に最大速度の「下り」の数字に注目しましょう。数字が大きいほど速度が速くなります。

「上り」とはアップロード(メール送信など)、「下り」とはダウンロード(動画閲覧など)のことです。

上りと下りの違い

画像引用元 http://support.zaq.ne.jp

一般的なインターネットユーザーが気にしておきたいのは、サイトや動画を閲覧するときに必要な「下り」の部分です。

主婦ひかり
下りを見るのね。

速度の部分のアルファベットはなーに?

bpsというのは毎秒に送れるデータ量、Mはメガの略、Gはギガの略です。
ギガはメガの1000倍です。
主婦ひかり
1000倍!!!すごっ!!!

実際には出ない速度で宣伝している回線速度

主婦ひかり
でも私はそんなにインターネットを多く使わないから、ギガなんて必要ないんじゃない?
それが、そうでもないんです。

 

どれくらいの速さがあれば良いのかの認識は、事業者側とユーザー側とではまったく違います。

実は、一般家庭向けのインターネット回線は全て「速度の品質の保証をしないサービス(ベストエフォート型)」のみとなっています。

ですので、実際の回線速度は誰もが「契約するまで分からない」という状態です。

主婦ひかり
え、そうなの!?

 

ありえない話ですが、もしも回線速度の品質を保証する契約であれば、月額で数十万円から数百万円ほどになると言われています。

品質を保証しない代わりに、ネット回線が安く利用できているんですよ。
主婦ひかり
ふーん、そうだったんだ。

 

そのため最大速度が1Gbps(1ギガBPS=1000メガBps)の契約プランでも、マンション内の他の部屋や、戸建ての近所の回線などの影響により、実際の速度は30Mbps~150Mbpsほどに減速します。

主婦ひかり
だいぶ落ちるわね…。

最低限必要な速度はどれくらい?

主婦ひかり
実際のところ、どのくらいの速度があればインターネットが快適に使えるの?
では、実際に日常生活で最低限必要と考えられるインターネット回線速度を確認してみましょう。

 

日常的なインターネット利用で必要な通信速度は、平均では以下の表のとおりです。

表に記載されている通信速度よりも遅いと、ダウンロードや画面の表示がなかなかできずにイライラして不便に感じることが多いです。

WEBサイト閲覧

メールの送受信

10Mbps
動画を見る

音楽をダウンロードする

20Mbps
高画質動画

オンラインゲーム

ビデオチャット

50Mbps

メールをする・ネットサーフィンをする程度の利用であれば通信速度が10Mbps程度出ていれば最低限使えますが、YouTubeで動画を楽しんだりするときにはコマ落ちが発生する可能性が高くなります。

そのため、ネット回線を申し込むときにはできるだけ速い回線を選ぶことをおすすめします。

主婦ひかり
まぁ、ちゃんと使えて速いほうがいいもんね。
もともとの最大速度がギリギリだと、実際に使える速度はかなり遅くなってしまいますからね。

 

【マンション&戸建て】サクサク使えて速いおすすめの2つの回線

主婦ひかり
ネット回線をどうやって選べば良いのかはわかったわ。
主婦ひかり
それで、結局オススメの回線っていうのは何だったっけ?
ここまでの説明を元にして、当サイトが最終的にオススメするインターネット回線は以下の2つです!

 

auひかり

 

auひかり・・・AUユーザーおよび新規契約の方向け。フレッツ光よりも安いKDDIの光回線。NTT回線より速い場合も。

フレッツ光

 

フレッツ光・・・新規・乗り換え希望の方向け。サポートサービスや通信品質を求める人には一番。NTTが提供しているという安心感も。

主婦ひかり
固定回線の中の光回線で、その中でも特にオススメなのがauひかりとフレッツ光なのね。
ここからはauひかりとフレッツ光について、それぞれ詳しく説明していきますね。

 

オススメ1・KDDI光回線の「auひかり」

マンション・アパート・戸建てのどのプランでも一番安く、そして高速の光回線を提供しているのがKDDIの「auひかり」です。

au広告

auひかりの魅力①:通信速度が速い

auひかりの速さの理由は、KDDI独自の光回線にあります。

auひかりは全国にエリアがありますが、KDDIがエリアを細かく区分けしているために、利用者数がNTT回線よりも少なくなっています。

つまり、混雑しにくいのがメリットです。
主婦ひかり
お休みの日はいろんな人がインターネットを使うから混雑しそうだけど…。
土日でもゴールデンタイムでも回線が混みあわないから、サクサク快適にネットを使うことが出来るんですよ。

auひかりの魅力②:料金が安い

月額料金の安さもauひかりのメリットです。基本料金が2300円~5300円 でプロバイダ料金別のフレッツ光より、プロバイダ料金込みで3700円~と安価です。

キャッシュバックキャンペーンもあり、初期費用相当額割引で実質的に工事費が無料になるキャンペーンもあります。

auひかり工事費無料

主婦ひかり
工事費無料ってことは、37500円も値引きされるってことね!
キャッシュバックキャンペーンも合わせると、最大89500円もお得になるんですよ。
主婦ひかり
すごーい!!!

 

auひかり

⇒【工事費無料&キャッシュバックつき】auひかりの詳細はこちら

オススメ2・シェアNo.1のネット回線「フレッツ光」

NTTが提供しているため安心感が高く、今も昔もシェアNo.1なのがNTTの「フレッツ光」です。もちろん通信品質もNO.1です。

老若男女問わず、全ての方にオススメできるインターネット回線と言えます。

フレッツ光

お得なフレッツ光の申し込み方法

フレッツ光を申し込む際にはNTTへの電話ではなくWEBで申し込む方がオススメです。

電話申し込みと違って、WEBお申込みでは人気商品がプレゼントされるなど、特典がケタ違いに盛りだくさんになっています。

欲しい商品や機種がラインナップにないときには、問い合わせフォームから事前に要望を出せば相談にのってもらえる可能性もあります。

NTTフレッツ光

【最大85000円キャッシュバック&豪華賞品プレゼント】NTTフレッツ光の詳細はこちら

まとめ

主婦ひかり
auひかりとフレッツ光、どっちにしようか悩むわぁ~
主婦ひかり
いろいろな話を聞いているうちに、どっちがどっちだかわかんなくなってきちゃった。
主婦ひかり
簡単にまとめて教えて!
はい、わかりました。
では最後に、auひかりがオススメな人とフレッツ光がオススメな人のポイントをまとめます。

 

NTTフレッツ光

 

安心感と通信品質を重視して、なおかつプレゼントやキャッシュバックも欲しいという人は、フレッツ光を契約するのがオススメです。

auひかり

 

大きいキャッシュバックと工事費分の値引きでお得に、さらに回線混雑も避けたいという人は、auひかりを契約するのがオススメです。

主婦ひかり
安心感か、安さか、ね。

私は安いほうのauひかりにしてみるわ。

 

The following two tabs change content below.
Jcninc

Jcninc

ライター歴20年を超えました。IT系を降り出しに萌え系・漫画・ゲームなど広範囲にネット・紙媒体問わずに活動しています。IT系の仕事は90年代からソフトバンク・毎日コミュニケーション・日経・アスキーなど当時のほぼすべてのIT系出版社の媒体への掲載実績があります。